• BlognをWordPressへ移設

    以前利用していたブログパーツのBlognの開発公開が2017年5月終わり、php7ではサイトの表示は問題ありませんが、ログイン画面が出ません。
    検索したところ、admin.phpの修正で可能と言うとことで下記の通りに修正しました。
    ———————-
    1074行目
    function blogn_blog_new($admin = “false”, $action = “”, $user_key, $new_post, $ent_id, $ent_year, $ent_month, $ent_day, $ent_hour, $ent_minutes, $ent_second, $user_key, $reserve, $secret, $comment_ok, $trackback_ok, $category, $title, $mes, $more, $send_trackback, $send_ping_url, $br_change, $token) {
    ———————-
    [$user_key]がふたつ設定されてるので、ひとつ削除するとログイン画面が表示され、ログイン可能となりました。
    設定画面は動作はするのですが、新規投稿のみが出来ません。
    ネット検索で調べると、何とかなりそうな書き込みも少ないですがありました。
    phpの記述をphp7に合わせると何とかなったとかありましたので、参考にしてやってみましたが、結果はNGでした。
    Blognplusのデータベースを利用してWordPressへ移行された方もおられました。
    そこで、そろそろBlognパーツから我が輩もWordPressへ移設しようと作りました。
    Blognplusにログインし、データベースをMovableType形式でパソコンに取り込みます。
    現在開設しているWordPress(lh1kss.com)で読み込むのはやや危険かなと新たにサブドメインを作り、そこにWordPressを新たにインストールをしました。
    WordPressの設定をし、テキスト形式のMTファイルをインポートしました。
    画像はBlogn初期の頃はimageでリンクされているので、Blognで設定された画像フォルダー「files」をダウンロードし、WordPressのルートにフォルダーごとアップしましたら、画像も表示されました。
    後期はURLでリンクされているので、URL先にある画像を残しておけば大丈夫です。
    完璧に綺麗にインポートされました。
    レンタルサーバーはCoreserverです。
    無料SSLサービスも追加されたのでSSL化しました。
    Blognで製作された旧・日々楽々は残しておきます。


  • ブログン復活

    2005年から2010年1月まで利用したブログンなので、日記代わりとなっています。
    SSL化したときに表示がおかしくなり、一旦サーバーから削除していました。
    データベースだけは手付けずに残して置いたので、バックアップしていたブログンデータを再送し、いろいろ試してみました。
    .htaccessを外したところ、何の問題もなく素直にアクセス可となりました。
    ブログンサイトは今年の5月末で閉鎖され、ブログンは廃止となっています。
    貴重なサイトとして残して置きましょう。[:ダッシュ:]


  • Windows10告示の停止

    Windoows10にしろしろと五月蠅い。
    このパソコンで利用しているソフトで10には対応しないと宣言している会計ソフトがあります。
    下記の方法で停止したところ、自動アップデートにしておいたところ、またKB3035583が入ってしまった。
    自動更新じゃ駄目ですね。
    「タスクマネージャー」の「プロセス」からGWX.exeを終了
    「プログラムと機能」の「インストールされた更新プログラム」を開き、「KB3035583」を削除
    再起動します。
    これでタスクトレイのアイコンも消え、勝手な表示もしなくなります。
    しかし、このままだと、Windows Updateで再びインストールされますので、こちらも止めます。
    Windows Update を開き、「更新プログラムの確認」を実行
    「KB3035583」が表示されたら、右クリックで非表示にします。
    これで完了です。
    10をインストールしたくなったら、これを表示に変更し、インストールすれば、元に戻ります。


  • symlink

    いたずらでcoreserverのサブドメインに同期でopenpneをインストールしていたディレクトリが削除出来ずに困っていました。
    openpneは削除してしまってあったので、同期されていたディレクトリ(サブドメイン)のみが残ってしまった。
    FTPソフトで削除しようとしたが削除出来ない??
    coreserverのファイルマージャで見ると、何やらsymlinkと表示されている。
    シンボリックリンクと言うらしい。
    FTPソフトではsymlinkが外せません。
    ネットでいろいろ検索したところ、cgiを作成して削除しろと書いてありました。
    そのcgiとは↓
    #!/usr/bin/perl
    system(“rm -rf /virtual/ユーザーID/public_html/ファイル名”);
    print “Content-Type: text/html\n\n”;
    print “OK!!”;
    exit;
    作成したdelete.cgiをFTPソフトで//public_html/直下にアップロードし、属性を777にします。
    coreserverの管理画面からファイルマネージャーにログインします。
    転送したdelete.cgiを操作から「開く」を実行します。
    OK!!が表示されました。
    削除出来なかったディレクトリが消えました。


  • Wi-FiとWi-Max

    Wi-Fi
    有線LANに無線LAN機器を取り付け、データ通信を行うこと。
    auの場合は無線LAN機器は無料レンタル。
    有線LANに接続しているので、通信料金は発生しない。
    Wi-Max
    通信会社の基地局から無線により、データ通信を行うこと。
    3G、4G、LTEなどと同じでサービスエリアがあり、wi-maxをONにしておくと自動で接続する。
    こちらは料金が発生する。
    auの場合は月額525円
    スマホ以外でwi-maxに接続するときには、auの場合はWi-Fi WALKERなどの機器が必要。
    こちらの料金は月額3880円(25ヶ月)
    有線LANは不要で、最大5台接続可能。


  • XFastUSBとウォークマン

    Windows7とXアプリ、そしてウォークマンの相性が非常に悪かった。
    Xアプリのバージョン4のときは起動しただけでブルースクリーン、ウォークマン(NW-S715F)をUSB接続しただけでブルースクリーンと恐怖のソフトだった。
    このXアプリがバージョン5になったので、恐る恐るインストールをしてみました。
    おおっ、問題なく起動するではないか、ブルースクリーンにならない。
    そこで、問題があったときに壊れたと思っていたウォークマンをUSB接続してみた。
    システムではきちんとウォークマンを認識している。
    しかし、Xアプリで転送表示すると、エラーで接続し直せととか、メモリーを初期化しろとか文句を言う。
    何度も同じことを繰り返しても駄目だ。
    ん、もしかしてと常駐させているXFastUSBを終了させてみた。
    途端に、Xアプリがウォークマンを認識し、何事もなく転送も出来るではないか。
    今まで散々あれこれやって、う~ん、う~んと諦めていたのが何だったのか(-_-;)
    壊れたと思って買い換えたNW-E062、嬉しいような悲しいような・・・


  • EDIUS風切り音

    撮影した映像の風切り音を小さくする方法
    エフェクト→オーディオフィルタ→グラフィックイコライザをタイムライン上に並べた画像へドロップ。
    同様にエフェクト→オーディオフィルタ→パラメトリックイコライザもドロップ。
    インフォメーションウインド(画面上にないときは、表示→すべてのウインドを表示)からプロパティを選択。
    グラフィックイコライザは、31・63.125.250を-12dBにする。
    パラメトリックイコライザは、バンド1(青)の周波数を300、ゲインを-18dBにする。


  • WordPressの.htaccess

    WordPressですが、まめにバージョンアップをしています。
    このバージョンアップがくせ者でした。現時点で3.3.1です。
    Blognと違い、管理画面から自動でアップ出来るので、非常に便利なんです。
    でも、前にも書きましたようにCoreServerはいろいろと弊害があるようで、ネットで「WordPress CoreServer」で検索する非常に多くの問題がヒットします。
    何しろ、格安サーバなので利用者が多いのでしょう。
    以前の投稿でセーフモードのCGIモードはいらないと書きましたが、やはり必要なんですね。
    特定のPHPファイルはCGIモードにしないと動作しません。
    で、バージョンアップすると今まで使っていたPHPを使わなくなったり、新しいPHPファイルが増えたりします。
    ルートに全てのPHPがCGIモードで動けと指定した.htaccessファイルを設置すれば簡単なんですが、CGIモードはサーバに負荷が掛かると言われています。
    そこで特定のPHPだけを.htaccessファイルに、これとこれのPHPファイルはCGIモードで動きなさいと指定しています。
    ハージョンアップ時にこれも見直さないといけなかったんですね。
    ルートの.htaccessファイルはWordPressを動作させるために必需です。
    これが無いとページリンク不能です。
    各ホルダーには、いろいろと動作させるために合計三点の.htaccessを置いています。
    -----------------------------------------
    #index.phpのあるフォルダーにおく.htaccess
    # BEGIN WordPress
    ;
    RewriteEngine On
    RewriteBase /
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
    RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
    RewriteRule . /index.php [L]

    # END WordPress
    -----------------------------------------
    /wordpres/
    -----------------------------------------
    #/WordPress/におく.htaccess

    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

    -----------------------------------------
    wordpress/admin/に
    -----------------------------------------
    #/admin/におく.htaccess

    AddHandler application/x-httpd-php .php


    AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php


    AddHandler application/x-httpd-php5cgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php


    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

    -----------------------------------------
    現在のところ、これで正常に動作はしていると思います。
    検索するときにはWordPressのバージョンを入れて検索することをお薦めします。
    そうしないと古いバージョン情報に迷わされます。